Discover the Japanese Countryside
飛騨里山サイクリング 乗鞍スカイライン e-Bikeヒルクライムツアー

News

 

2021.8.31

<現在、土日祭日にツアーを催行しております>

オンライン予約システムで空き状況をご確認の上、ご予約ください。

システムで予約できない日もお問合せいただければ可能なこともございますので、お気軽にメールあるいは電話でお問合せください。

メールアドレス:reservation<at>satoyama-experience.com (<at>は@に変えてください)。

電話:0577-73-5715

※ 弊社は、旅行業における新型コロナウィルス対応ガイドライン、および宿泊施設における新型コロナウィルス対応ガイドラインに準拠して対策を行っております。

 

 

飛騨里山サイクリング
乗鞍スカイライン e-Bikeヒルクライムツアー

乗鞍スカイラインの絶景ルートをe-Bikeで!

欧州では今e-bikeが爆発的な人気を得ています。その理由は、坂道がらくらく登れること。

ヒルクライムはロードバイクの愛好者が多いですが、やはり上り坂はつらい、という人も多いですよね。

が、e-bikeはその電動アシスト力で上り坂が苦手な方でも楽々。つまり、アスリートのような体力がなくても、坂道を上るヒルクライムや山岳ライドの楽しさを味わうことができてしまうのです。

 

ツアーのコースとなるのは乗鞍スカイライン。

日本有数の山岳道路であり、「自転車で登れる最高地点」として、サイクリストがヒルクライムを楽しむ場所として有名です。

中部山岳国立公園内にあり、自然保護のため、現在は「マイカー規制」がされており、一般車両の通行はできません。

乗鞍スカイラインはヒルクライム好きのサイクリスト向け、というイメージがありますが、本ツアーはe-Bikeを使って、ガイドつきで比較的のんびりしたペースで景色を楽しみながら走ります。
ヒルクライム上級者でなくとも自転車に乗り慣れた方なら絶景コースを存分に楽しむことができます。

乗鞍スカイラインの坂道を登っていく間に、植生が変わっていき、上に見えていた雲がどんどん目線に近い高さに見えるようになっていきます。

この景色のダイナミックな変化を楽しめるのは乗鞍スカイラインならでは。

また、山のにおいや空気、日差しの変化も肌で感じることができるのも自転車で走ることのよさ。

バックアップ車両もついているので初めてのヒルクライムでも安心です。

標高差約1,000M、約15kmの道のりを漕ぎながら雲の上を目指しませんか。

※同時期開催の「乗鞍岳ハイキングツアー」についてはこちらをご覧ください。

予約する

開催日

期間

時間

約 2時間30分

集合は8:40

催行人数

定員4名
最小2名

料金

6,000円/人 今季限定!モニター価格

料金に含まれるもの
  • ガイド
  • e-Bike
  • ヘルメット
  • 昼食券
  • 畳平ーほおのき平の下りバス料金
  • ※畳平で宿泊予定の方、エコーラインで松本側に下山されたい方は必ず事前に連絡をください。

集合場所

ほおのき平バスターミナル

岐阜県高山市 丹生川町久手465

備考

※現在、催行日全て満席のご予約をいただいております。そのため、平日のツアー催行もご対応いたします。9/24までの平日でツアーをご希望の方は、お問合せフォームよりご連絡ください。ただし、2名様以上のご参加が条件となります。

  • 中学生以上、身長150センチ以上の方とさせていただきます。
  • 安全上自転車に乗り慣れない方はご遠慮ください。
  • 3000m級の山で行うツアーですので、悪天候の場合は中止します。
  • 畳平で宿泊予定の方、エコーラインで松本側に下山されたい方は必ず事前に連絡をください。
  • キャンセルされる場合はツアーの前々日17時までにご連絡ください。それ以降ですとキャンセル料が発生しますのでご了承ください。キャンセルポリシー詳細については以下をご参照ください。
    キャンセルポリシー