第3回 座学 ひだびとに『飛騨』を学ぶ 2015

このイベントは終了いたしました。

イベント概要

座学「ひだびとに『飛騨』を学ぶ 2015」は、飛騨市にて、地域に根差した活動をされる方と、地域の継承への手掛かりを探るトークセッションシリーズを開催します。

2015年度の第3回は、荒木昌平さん。

杣職人。樹杜屋あらべぇ。
宮川町出身。学生時代に古民家の解体のバイトをした事から大工の道に進んだそうです。自然素材にこだわり、現在では数少ない手刻み伝統構法の施工を行っています。また、全国を駆け巡り職人が持つ技術の交流にも力を注ぎ、2016年5月に行われる「第32回全国削ろう会・飛騨・高山大会」では実行委員長を務められます。

今回は、飛騨に伝わる匠の技や飛騨独特の古民家について、また、日本全体の大工の技の現状と未来への展望について伺います。会場は、築150年、地元名士の邸宅であった吉城の郷。昔のつくりがそのまま残されている貴重な建物でこちらも必見です。

是非お誘い合わせの上、お越し下さいませ。

※お車は、飛州コンサルタント様駐車場もしくはアグレアーブル美容院様隣りの駐車場をご利用下さい。

 

イベント情報

イベント/テーマ第3回 座学 ひだびとに『飛騨』を学ぶ 2015
開催日2015/11/14
時間開始 終了
会場吉城の郷
岐阜県飛騨市古川町大野町145-1 MAP
定員40名
参加費無料
申込締切未定